HOME診療科目・担当医表脳神経外科

脳神経外科

【脳神経外科】受付時間・休診日

表を横にスクロールしてください。

受付時間
受付 8:00~11:30
(診療開始 8:30~)
-
受付 12:00~16:30
(診療開始 14:00~)
-

表を横にスクロールしてください。

担当医表

受付時間・休診日は変更になる場合があります。休診・代診情報はこちらをご覧ください。

脳神経外科について

急性期治療に対応すべく、24時間体制の診療に臨んでいます。

「命を司る臓器」と言うに相応しい脳と脊髄は、ひとたび異変が起きれば、その後の数時間が治療の鍵と言われるほど迅速かつ適切な処置を必要とします。そのため脳神経外科では、脳血管障害、頭部外傷、脊髄外傷などの急性期治療に対応すべく、24時間体制の診療に臨んでいます。最新機器と高度な医療技術により、MRI撮影や脳血管撮影、緊急手術、血栓溶解療法などを実施しております。昨年よりは脊髄背椎疾患や末梢神経障害に対する積極的外科治療も行っております。ベストのスタッフとともに日本最先端レベルの治療を行います。

しびれ外来について

「しびれには必ず原因がある」というスタンスで診察、診断、治療していきます。

しびれ外来について

しびれは感覚障害のひとつで、人それぞれで感じ方は異なります。

じんじんするもの、ぴりぴりするもの、さわった感覚がわからないものと様々でその原因も多様です。一般的にしびれはあまり重要視されない事が多く、医療機関を受診しても「気のせい」だとか「年のせいだ」とかで軽く片付けられてしまうことが多いのが現状です。しびれは他人からは目に

見えない症状ですが、患者さん本人にとっては生活するのにも困難なしびれも多く存在します。

当院では「しびれには必ず原因がある」というスタンスの元で、脳神経外科医の目で「しびれ」を総合的に診察、診断、治療していきたいと思います。手術で良くなるしびれがある一方、しびれの原因がわかっても治療困難なケースもあります。しかし、治療をあきらめないで漢方薬を含めた薬の調整やリハビリテーションによって、何人もの患者さんが症状の改善により生活が楽になったと話してくれます。

しびれは放っておくと、脳卒中、脳腫瘍、認知症など大変な病気になることがあります。些細なことでも早期に診察・検査をお勧めします。しびれでお困りの方は、是非受診してみてください。脳神経外科専門医が脳・脊髄・末梢神経を総合的に診療いたします。

経皮的後弯矯正術について

高齢者でも負担の少ない治療として普及してきています。

経皮的後弯矯正術とは、全身麻酔下にて経皮的に骨折椎体中にバルーンを挿入し、椎体内で拡張させることにより椎体高の回復を図り、バルーンを抜去後、椎体内に形成された空洞に高粘度で視認性の高いセメントを低圧にて充填し、椎体を固定する方法です。患者様の入院期間が1週間程度、傷も小さく低侵襲で済み、高齢者でも負担の少ない治療として普及してきています。骨粗鬆症性椎体骨折の患者様を対象としています。

経皮的後弯矯正術について